Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

『扉の向こう』ネタバレ紹介!第6話 袴田吉彦に運命を狂わされる男

扉の向こう

どうも、じじぃっす (´ω`)ノ







 

ここでは『あなたのです』ドラマ内とは違った視点で描かれ、huluで独占配信されているオリジナルストーリーの向こう』のネタバレを

どこよりも詳しく頑張って書いていますっ!!

本編で出てきた疑問な部分が解明され、各々がどんな部屋に住み、あの時どんな事を考えていたのか・・・

俺の文章だけでは伝わらない!!

って人は動画で見るのがオススメですが、まずは読んでみて下さい!

少し長いですが、最後までお付き合い下さい!!^^

 

『キウンクエ蔵前』の裏側をこっそり見に行きたいと思いませんか?

 




の向こう』101号室の住人・久住の部屋 『あなたのです』

 

101号室の住人・久住譲(袴田吉彦)は、俳優の袴田吉彦に顔が似ていることで悩まされていた。ある日、面識のない女性が自宅に押し入ってきて、袴田吉彦への言いがかりをつけられる羽目に。久住がエレベーターに乗る理由とは?

 

引用:https://www.ntv.co.jp/anaban/spinoff/

 

 

今回は本編第7話で取り上げられていた 101号室の久住の部屋の『の向こう』側です!!

 




の向こう』第6話 ネタバレ

 

突然巻き込まれる vs謎の女

 

女性が泣きながら、自室で正座させられている久住譲(袴田吉彦)に話しています。

 

女性:「いい加減・・・罪を認めてくださいっ!!(手持ち鞄を地面に叩きつける)」

女性:「あたしが・・・どれだけ傷ついたと思ってるんですか?」

女性:「あの日・・・あたしにした事・・・」

 

“先に言っておくと、この女性はさっき突然家に押し入ってきた全く知らない人だ”

 

女性:「ちょっと聞いてるんですかっ!?」

 

“そして僕は・・・”

 

女性:「はかまださ・・・(ん)」

久住:「袴田吉彦じゃありませんっ!!」

女性:「苦しい言い訳・・・」

久住:「事実ですっ」

久住:「(免許証と社員証を見せながら)ほらっ、久住譲45歳。エレベーター会社JG設備勤務。それが私ですっ!!」

久住:「あなたが、袴田吉彦に何をされたのか知りませんけれども、今あなたは、無関係な人の家に押し入って無関係な人を脅迫してるんですよっ!!」

女性:「(投げつけ)あんなことしたんだから、身分を偽ることぐらいしますよねぇ?」

久住:「・・・あああぁぁもうっ!!警察呼びますっ!!」

女性:「うわぁぁぁああああああぁぁぁっぁぁぁっっぁああああぁぁぁん(大泣き)」

 

女性は大声で泣きながら、自分の顔をグーで殴ったり叩いたりします。

そして女性の顔はアザができ、鼻血も出ます。

 

女性:「乱暴されたって、言いますよ?」

久住:「ちょ、あなたねぇーっ」

女性:「警察はどっちを信じるでしょうねぇ?しがない一般女性と、”不倫男”っ!!」

久住:「だからぁー!!袴田吉彦じゃありませんっ!!」

女性:「罪を認めてくださいぃっ!!」

久住:「はああぁぁぁ~・・・(呆れて膝から崩れ落ちます)」

 

“はかまだぁぁぁぁぁーーーーーー!!!!”

“僕の人生は、”袴田吉彦に似ている”というだけで、大きく狂わされている”

 

久住:「あなたは、袴田吉彦に何をされたんですか?」

女性:「やっぱり・・・覚えてないんだ」

久住:「そもそも知らないんです」

女性:「そうですよね、随分酔ってらっしゃったようでしたから。あのパーティーで」

久住:「パーティー?」

女性:「芸能人やスポーツ選手が集まってたパーティー。西麻布で」

久住:「西麻布?」

女性:「それくらい覚えてるでしょぉ?」

久住:「いや週刊誌で読んだ覚えのある単語だなと」

女性:「さっきからなんなんですか?ひとごとみたいに」

 

” ひとごと なんだよぉ!!”

 

久住:「それで?」

女性:「話しかけてくれた時は嬉しかったけど、だんだんボディタッチが激しくなってきて、あたしは断ったのに、迫られて・・・怖かった・・・。そのまま強引に・・・○パホテルに・・・」

 

“はかまだぁっ!!”

“なにやってんだよ はかまだ”

“せっかくほとぼりが冷めてきたじゃないか”

“調子に乗ってんじゃねぇ”

泣き崩れている女性。

“この人も、袴田吉彦に人生を狂わされたという意味では、僕と同じなのかもしれない”

 

2年前

 

キツく腕にしがみついて どうしてオレの事がいいんだろう~♪

寝ころんでハナをかんだり ネグセをバカアレンジ加えたり~♪

 

“最初は感謝してるぐらいだった”

 

“ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリを取った男に似ているんだから”

 

すぐにキミを好きになった~♪

初めて本気で人を愛した~♪

 

“当然、20代の頃はそこそこモテた”

“そしていい恋人にもめぐり合えた”

 

いつもキミを見つめている~♪

だけど目が合ったらすぐにそらす~♪

 

“忘れたくても忘れられない。思い切ってこのマンションを買ってプロポーズをしようとした、あの日”

 

そんな二人はいつまでも♪

こんな感じなんだろう~♪

 

結婚指輪をパカっと開き言います。

 

久住:「いつまでも、こんな感じでいて下さい」

久住:「よしっ、いけるっ!!」

 

彼女の「マナたん」にまだ着かないのかメッセージを送ります。

その彼女の返信は「ニュース、見た?」の文字とサイトのリンクでそれを開いてみる久住。

 

久住:「俳優・袴田吉彦 ○パホテルでの不倫発覚。うわーうわうわうわ~やっちゃったよー」

 

彼女のマナミから電話がかかってきます。

 

久住:「あーもしもし?」

マナミ:「記事・・・読んだ?」

久住:「あぁ。袴田吉彦、ついにやっちゃったよねー。あはははは。でさーマナたんいつこっち着く?」

マナミ:「ごめん・・・いけない・・・」

久住:「えっどしたの仕事?」

マナミ:「結婚のこと、少し落ち着いて考えたい」

久住:「えっちょなんで急に!?」

マナミ:「他に好きな人が出来たとかじゃないからっ、これだけは信じて。ごめん・・・」

久住:「あ、いや、お、俺なにかした?」

マナミ:「ううん、ゆうくんは何も悪くない」

久住:「いやぁわかんないよぉ」

マナミ:「ちょっと不安になっちゃったの・・・この先のこと・・・あの、記事読んで」

久住:「ちょな、記事って?」

久住の頭に、さっき読んだ袴田吉彦の○パホテルでの不倫の記事が浮かびます。

久住:「マナたん。俺は袴田吉彦じゃないよっ!?」

マナミ:「うん、そう、そうなんだけど・・・でも・・・顔は一緒だから・・・」

マナミ:「また連絡する。ごめん、ごめんなさい・・・」

 

久住は頭を抱え、呆然と立ち尽くします・・・。

 

女性:「どうしてあなたが被害者面するんですか?」

久住:「被害者だからですぅ!!」

女性:「サイテー!!開き直って、出るとこ出てもいいんですよっ!?」

久住:「あぁもうっ!!弁護士なり警察なり週刊誌なり勝手にして下さいっ!とにかく出てって下さいっ!!」

女性:「本当にいいんですかっ!?」

久住:「はいっ。僕は袴田吉彦じゃありませんので」

女性:「さすがに、2度目の騒ぎとなると、あなたの芸能生命が絶たれることになりますよ!?」

久住:「はぁっ?」

女性:「あたしだって、あなたをおとしめたいわけじゃないんですっ」

 

“なにがしたいんだこの女は”

 

女性:「ただ、それなりの”誠意”を見せて欲しいだけなんですぅ」

女性:「それなりの”誠意”を・・・」

久住:「(久住は何かに気づきます)あぁ。あぁ~。申し訳ない」

女性:「思い出しましたか?」

久住:「あぁ確かあの西麻布、で会ってそこから○パホテルに?」

女性:「そうですっ」

久住:「西麻布に○パホテルが無かったから恵比寿の○パホテルに移動した」

女性:「そうですっ」

久住:「間違いありませんね?」

女性:「間違いありませんっ。理解して頂けましたか?あたしが・・・どれだけ傷ついたか」

久住:「おかしいですねー・・・。恵比寿に○パホテルはありませんよ?」

女性:「・・・え?」

久住:「逆に、○パホテルがあるのは西麻布ですっ!!」

久住:「いくら相手が不倫男だからとは言え、嘘をついてたかるのはいかがなものでしょうかっ」

女性:「どうして・・・そんなに・・・○パホテルに詳しいのって・・・」

久住:「いやそれは」

女性:「やっぱり袴田吉彦だっ!!」

久住:「いや違いますっ!!出てって下さいっ!!」

 




聞いてくれ藤井・・・

 

夜になり、久住の部屋で401号室の藤井淳史(片桐仁)と一緒に飲んでいます。

 

久住:「はかまだぁぁぁー!!」

久住:「悔しい・・・袴田吉彦のせいで頭のおかしい詐欺師に押し入られ、しかもあろうことか、袴田吉彦を間接的に助けてしまったっ!!くうぅぅぅぅ・・・」

藤井:「そだねー辛かったねーかわいそうかわいそう(棒読み)」

久住:「せめて理解を示す姿勢ぐらい見せてくださいよ」

藤井:「わかんねぇよ~、芸能人に間違えられて押し入られるやつの気持ちなんて~」

久住:「でしょうね」

藤井:「おいなんだその顔。いや、俺に言わせたらさぁ、もう自慢話にしか聞こえないんだよ。なんだ、そんな女との出会い方あるか~?押し倒しちゃえば良かったのに」

久住:「サイテー」

藤井:「あんたが真面目すぎるんだよ」

久住:「怖かったんですからねっ!!」

藤井:「なんだですからねって女かよっ」

久住:「なんとか撃退出来たけど、次また似たような事があったらと思うと・・・」

藤井:「それなんだけどさぁ」

久住:「はい?」

藤井:「なんでそんな○パホテルのリッチに詳しいの?」

久住:「それは」

藤井:「貯めてんだポントカードっ!!」

久住:「違いますっ!!」

久住:「○パホテルがトラウマになって近く通らないように場所を把握してるんです」

久住:「(財布の中を見せながら)ほら見てくださいねぇポイントカードあります!?ありますっ!?」

藤井:「どんなのか知らないし、ないないないない・・・ねぇもううん、なんか・・・大変だね」

久住:「もう~袴田吉彦のせいで人生めちゃくちゃですよ・・・。コンビニ行ってポイントカード出したら笑われるし、だからそれが嫌で外出する時はサングラスとマスク必須だし・・・」

 

そして久住の携帯に部下からのLINEのメッセージが届く。

 

久住:「部下からは・・・なめられてる」

 

“出張のホテル、○パホテルでよろしいですか?笑”

 

藤井:「ぶっw ふふふふふふふふふ(笑)」

久住:「笑わないで下さいっ!!」

藤井:「うんうんうんうん、大変だねぇ(笑)」

久住:「あ~誰もわかってくれないんだ僕の辛さなんて」

藤井:「う~んその顔に生まれたんだから受け入れるしかないでしょ。生まれつきなんだ、仕方ない仕方ない。誰だって同じ悩みを抱えてるって」

久住:「一緒にしないで下さい。あなたはただ、顔がイマイチなだけ」

藤井:「おいやめろ。失礼すぎやしないか!?」

久住:「藤井さんはいろいろやりようがあるでしょ。内面、なんとかするとか」

藤井:「ぐっ・・・く・・・」

久住:「僕はねぇ・・・僕がどうなろうと関係無いんです。袴田吉彦の一挙手一等に振り回されてるだけなんです・・・こんな・・・こんな理不尽ってあります?(涙)」

久住:「僕の人生は・・・僕だけのものだ」

 




袴田吉彦に狂わされる久住の人生

 

“そして数日後、再び事件が起こった”

ある夜、久住が仕事を終えて帰宅すると留守番電話が録音されていました。

 

電話:「留守番電話は108件です」

久住:「・・・!?なんで!?」

 

トゥルルルル トゥルルルル (電話が鳴る)

 

久住:「はい」

相手:「う~わ、マジで出た。あの、袴田吉彦さんですか?(笑)」

久住:「違います」

 

トゥルルルル トゥルルルル (電話が鳴る)

 

久住:「はい」

相手:「やっぱええ声」

 

トゥルルルル トゥルルルル (電話が鳴る)

 

久住:「ああああああああぁぁもうおおおぉっ!!(電話の線を抜きます)」

久住:「どういうことだ・・・えっ・・・」

 

ピーンポーン ピーンポーン

 

久住:「はい」

配達員:「宅配便です。着払いになります」

久住:「着払い?!」

配達員:「はい」

 

箱の中身を空けると、その中には袴田吉彦のCD『本トの気持ち』が大量に入っていました。

“一体全体、何がどうなっているんだ・・・”

 

久住:「まさか・・・あの女・・・?」(冒頭で出てきた女性)

 

自ら携帯で『袴田吉彦 住所』で検索をしてみます。

 

久住:「○パ不倫、袴田吉彦の住所発覚!?」

久住:「○パ不倫で世間を賑わせた袴田吉彦。なんと身分を偽ってキウンクエ蔵前というマンションに住んでいることがわかりました!」

久住:「ぐあああぁぁぁぁぁ・・・なんでだよぉぉぉー・・・」

 

“どうしてこんな目に”

“僕が何をした?僕は不倫なんかしてないっ”

“何も悪い事なんかしてないっ”

“どうして・・・どうしてぇ・・・”

“はかまだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!”

マナミから携帯に着信がきます。

 

久住:「マナたん?」

マナミ:「久しぶり」

久住:「久しぶり、あのどうしたの?」

マナミ:「あの・・・確認したい事があって・・・」

久住:「なに?」

マナミ:「ネットで袴田吉彦の住所発覚って、あの住所確か・・・」

久住:「そうなんだよぉ~もう、どうすればいいのか・・・」

マナミ:「ゆうくん・・・」

久住:「うん?」

マナミ:「ゆうくんって、本当は袴田吉彦だったのっ!?」

 

久住は何も言わず電話を切りました。

そして久住はお経を唱えて清めようとします。

“受け入れねば”

“もがくより あがくより この理不尽を 受け入れねば”

“それしか 道は無い”

“それが僕の 人生”

久住はいつものように、サングラス+マスクをして外出しようと玄関に向かって住人に見つからないよう慎重に向かいますが・・・突然開くエレベーターにビックリして仰け反っていると、ちょうど降りてきた203号室のシンイー(金澤美穂)とクオン(井阪郁巳)に見つかってしまい怪しまれますが、なんとか切り抜けます。

 

エレベーター:「ドアが閉まります」

久住:「おぉぅぉ!?・・・心臓に悪い・・・」

 

久住は仕事で携わってるだけあり、エレベーターをちょこちょこっといじって、大きかった音量を小さく設定し直し、「よしっ・・・静かだな」っと満足げな顔をします。

シンイーとクオンが外出から戻りエレベーターのボタンを押しますが5階で止まったまま反応がありません。

 

シンイー:「あら?動カナイよ?」

クオン:「ドシタ?」

シンイー:「あれ?光らナイよ?なんでよもう~歩キたくナイよぉ」

クオン:「カイダンだ」

シンイー:「ヤダァ」

クオン:「ショウガナイじゃん」

 

そんなやりとりがある中、エレベーター内では久住が基盤の内部をいじっていました。

“いい気晴らしを見つけた”

 

久住:「ついでにこっちもいじっておくか」

 

“ここでだけは、エレベーター製造会社勤務の久住譲でいられる”

 

石崎(三倉佳奈):「定期点検とかじゃない・・・?」

シンイー:「んんにゃ。アレはもののけのタグイだぎゃ。”キツネにつつまれる”とはまさにこのこと^^」

石崎:「あの、”つままれる”ね」

シンイー:「つま?つまま?」

石崎:「つまむ。あの、つつむじゃなくて鼻とかをつまむ(ジェスチャーで教える)」

シンイー:「あはは、なにしとんのラ~(笑)」

 

そこにサングラス+マスクの久住が通りかかり、2人は「誰!?」みたいな顔をしたので外します。

 

久住:「あぁぁ。おはようございます」

シンイー:「あぁ~クズミかぁ。ハロォ~」

石崎:「おはようございます」

シンイー:「クズミくん知っテルカエ?」

久住:「ん?」

シンイー:「エレベーター」

久住:「はい?」

シンイー:「昨日のヨル、急に動カナクなったダヨォ。でもぉ、朝にナッタラ動クようになっとったっチャ。なんか知ット?」

久住:「・・・・・・・・・・・・・・・僕、1階なんで、エレベーター乗らないんですよ」

 

そう言い放ち、再び顔を隠し歩きます。

 

「僕は久住譲45歳」

 

 

の向こう
101号室

 

 

とタイトルが出てきて、今回の扉の向こう第6話は終わりました!!!!

今回のお話はなんというか本編でもあった自虐ネタ祭りでしたね(笑)

袴田吉彦に顔が似てるという理由で昔から散々な目にあってきた久住譲・・・。

あくまで袴田吉彦と久住譲はイコールの設定ではない別人故に毎日苦労してるようです。

秋元康さんも、これはいじってOKだからどんどんいじってやろうって感じがめっちゃしてますね!!

他のキャストではなく、久住(袴田吉彦)であったから成せた話ですね。

さぁ今後も本編終了後にはどんどん新たな扉が開放されていくので、見逃さないように注意しましょう!!

 

『袴田吉彦に運命を狂わされる男部屋』の裏側を

こっそり見に行きたいと思いませんか?

 

 

の向こう』第7話のネタバレはこちらからどうぞ!

↓ ↓ ↓

『扉の向こう』ネタバレ紹介!第7話 石崎の人生は予定通りには!?
どうも、じじぃっす (´ω`)ノ ここでは『あなたの番です』ドラマ内とは違った視点で描かれ、huluで独占配信されているオリジナルストーリー『扉の向こう』のネタバレを どこよりも詳しく頑張って書いていますっ!! 本編で...

 

の向こう』第5話のネタバレはこちらからどうぞ!

↓ ↓ ↓

『扉の向こう』ネタバレ紹介!第5話 ほっこり「愛の形」
どうも、じじぃっす (´ω`)ノ ここでは『あなたの番です』ドラマ内とは違った視点で描かれ、huluで独占配信されているオリジナルストーリー『扉の向こう』のネタバレを どこよりも詳しく頑張って書いていますっ!! 本編で...

 

 

huluを携帯やパソコンで見るのもいいですが、TVで見れるのでオススメ!!

『あなたのです』『の向こう』 も、これ1個で繋いで視聴出来ます^^

(注意:Wi-Fi 環境が必要となります!)

↓ ↓ ↓

ページが見つかりません

 




の向こう』第6話 ネタバレ みんなの感想

 

の向こう』の第6話を視聴してみんなはどう思ったんだろう?

 

 

ほんと袴田吉彦ガチ推しだし、アパホテルって何回言うんだって話ww

本編でも『扉の向こう』でも・・・なんだか久住譲の人生は他人(袴田吉彦)に振り回されて幕を閉じてしまったのは切ない。

しかし本人も演技にせよノリノリでやってるのはすごいなって思うw

ここまで自虐ネタを堂々と出来る人はなかなかいないと思うし、久住にはもうちょい粘って欲しかったけど面白おかしく『いい人』キャラで幕を閉じてしまいましたな。

 




の向こう』第6話 ネタバレ まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今までは変な人にヤバイ奴に家族愛など、色々なパターンの向こう側が見えたけど、今回は自分とそっくりの相手に人生まで狂わされてしまう1人の男の裏側でした。

袴田吉彦さんの事は今までそんなに好きでも嫌いでもなく、特に意識してなかったけど今回の『あなたのです』そしての向こう』を見ていると、なんだか好きになりますね!!

厄介ごとに巻き込まれる意味では、久住譲も袴田吉彦もなんだか一緒に見えてきてしまう謎。

まぁ一緒の人なんですけどねっ!!

 

さて次回は誰の裏側が見られるのでしょうか。

次は『あなたのかもしれないですよ。

 

『久住の部屋』の自虐ネタを見に行きませんか?

 

以上、長々と読み苦しい部分もあったかもしれませんが、

ここまで読んでいただきありがとうございました!! (o_ _)o))

気になる動画を無料で見るおススメの方法

1話からすべて見放題で見れるのは Hulu だけ!

Hulu に登録して無料で見る!

Huluに会員登録する

↑↑↑Hulu なら2週間以内に解約すれば一切無料です↑↑↑

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました